×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

適用範囲の取り違い

適用範囲の取り違い

適用範囲の取り違い

通販型自動車保険は、インターネットを通して手続きから契約まで行うのが1つの大きな特徴となっており、営業マンが家に来たり、それに対応したりというわずらわしいことをしないで済むのがいいところです。

 

しかし、それによって弊害をもたらす場合もあります。

 

通常はお互いに顔を突き合わせて説明受けたり相談しながら、煮詰めていき最終的に契約という事になるのですが、通販型自動車保険は人間のふりをした機械相手に契約を進めていくので、間違いが起こることがあります。

 

特に保険の内容においては細かい適用範囲などの取り違いや損害保険会社と加入者側の見解の違いによるお互いの認識の違いが生まれることが多くなります。

 

それによって、被害者となるのはもっぱら加入者、損害保険会社側からすれば、Webサイト上にきちっとした説明を掲載しているの非はないのです。

 

結局、いざという時になって保険金が支払われないなんてこともありうるのです。

 

保険関連の商品というのは何か細かい規則や条件があるのが当たり前となっているので、Webサイト上の説明文が理解しきれない方は、店舗型自動車保険にするか、お問い合わせフォームや電話などで理解できるまで聞くことをおすすめします。


ホーム RSS購読 サイトマップ